ドラクエ婚夫婦の日常

ドラクエ婚夫婦の日常生活のブログです。

イクメン白書2020を読んで

f:id:dqkon:20200327224225j:plain

こんにちは

ドラクエ婚夫婦の夫しゅさくです。

 

先日積水ハウスさんが

イクメン白書2020

なるものを公開していました。

 

 

 

白書によると

ランキングでは九州が上位を占めていて

なかなか興味深い結果になっています。

ちなみに1位は

某曲でも歌われたあの県。

 

f:id:dqkon:20200320055612j:plain

Qうちのパパはイクメン?

という調査で

50代と20代の比較がありましたが

若い人のイクメン意識が広がっていますね。

ただ時代背景が大きく違うので

なんとも言えない所です。

他界した僕の父は

イクメンとは言えないかもしれませんが

子どもに愛情を注いで育てくれた

尊敬できる父親です。

そんなお父さん全国に沢山おられます。

 

f:id:dqkon:20200319231129j:plain

 

興味深いのが

Q育休した・してほしい?

の男女間の格差

男性は取得したいと考えているのが60%なのに

してほしいと考える女性は50%

 

これは僕の想像ですが

男性が育休取得したからと言っても

全員が家事育児に協力的とは限らない。

「うんちのついたオムツ交換無理」

とか

「母親でないと泣きやまないよね」

とか言う旦那さん多そう。

人間には向き不向きがあるので

全員が家事育児をしなくても良いですし

その分外でしっかり働くというのも

ありではないかと思います。

ただ、育休は別として

一緒に家事育児を行った方が

家庭生活は円満になりやすいです。

 

f:id:dqkon:20200329220227j:plain

 

Q育休制度が進む企業についてどう思う?

については企業イメージがよくなる約90%

他にも就職したいも86%あり

企業イメージアップが圧倒的。

 

男性の育休取得は法律にも定められている

権利なので

企業側の都合を気にする必要は

本来はないのですが

それでも自分の仕事って気になりますよね。

育休は悪いことではないし

企業のイメージアップにも繋がっていると

考えれば少しは取得しやすくなるのでは?

また

沢山の方が誤解されていますが

育休中の手当は雇用している

企業は支払いません。

雇用保険から支払われるので

失業手当と同じ。

男性の育休取得アップには

制度を理解することが重要です。

 

 

それでも

昔のことを思えば

男性の育休は取りやすくなりましたし

イクメンと呼ばれる育児に協力的な

男性も増えました。

良い傾向だと思います。

ただ僕は

自分でイクメンと名乗るのは

違和感があるのでしてません。

家事も育児も当たり前のことですし

カミさんと子どもも大好きです。

名乗る肩書きは

父親で十分です。

 

 

↓ランキング上がります。よろしければm(__)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村